専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

長期投資はドルコスト平均法を使う

2017/04/13

ドルコスト平均法とは、一定周期ごとに同じ金額分を購入し続ける投資法のことです。

 

資産作りには良い手法

インカムゲイン(配当等)を狙った資産作りをしていく過程においてはドルコスト平均法は優れた投資法です。定期的に決まった金額を買い続けていくので、裁量で底値を当てる必要がありません。そのため、相場観の有無に左右されずに投資ができます。また、購入金額が決まっているため値段が高い時には買う枚数が少なく、安い時には買う枚数が多くなるので、平均単価が自然と下がっていきます。

 

ドルコスト平均法のイメージが下の画像です。
ドルコスト平均法のイメージ

 

価格が下がればたくさん買えるので、高値で大量に購入してしまうリスクを抑えることができます。しかし、高値圏でも購入してしまうことにはかわりないので、長期投資で大きなキャピタルゲイン(売買差益)を狙っている人にとっては、少し不向きな売買手法です。売買益で大きく儲けるためには、安いところでたくさん買う必要がありますからね。

 

 

 

機械的に買える強み

ドルコスト平均法は一度に買う金額と周期を決めてしまえばあとは機械的に購入していくだけです。この『機械的』というところが大きなメリットとなっています。投資というものは自分の心で取引内容が変化しやすいものです。例えば株価が下落して大きな含み損を抱えてしまった場合、はやくその損から抜け出したい気持ちや、これ以上損をしたくないという不安な気持ちが出てきます。そうなると、買い増しすることができなくなったり、株価が戻って含み損がなくなったときにポジションを解消してしまいたくなります。

始めからドルコスト平均法を使い、含み損が出ようが一定額ずつ買い続けると決めてしまっていれば、このような人間心理に左右されることなく機械的に売買できるのです。これがドルコスト平均法の強みです。

 

せっかく投資をしているのに機械的に買っているだけでは面白くないという人は、ここに少しだけ裁量を加えていきましょう。購入周期は変えずに、購入金額を自分の判断で上下させていくのです。割安感があればいつもより購入金額を増やし、割高感があれば減らします。こうすることで、ドルコスト平均法に少し自分色をつけることができます。

ただし、やりすぎるとただの裁量取引になってしまい、ドルコスト平均法の良いところを潰してしまいかねないので、気をつけましょう。

 

 

単一の金融商品に絞らない

インカムゲイン(配当等)狙いでドルコスト平均法をしているからといっても、下げ続けるものを買ってしまっては元も子もありません。倒産してしまいそうな企業の株を買うのはやめておきましょう。可能なかぎり安定した大企業に分散投資をした方が良いです。分散するときも、たくさんの業種に分散してリスクを減らしましょう。ただし、分散すればするほど発注する回数が増え、手数料が余計にかかってくるので証券会社選びには気をつけなければなりません。

また、FXでドルコスト平均法を使う場合にも、多くの種類の外貨に分散投資したほうがリスクを軽減することができます。

 

 

最初が肝心

ドルコスト平均法は長く続けていかなければ意味がありません。初めに銘柄や通貨、購入金額等を決めるのですが、この段階が非常に重要なポイントとなります。ひとたび始まってしまえば、あとは定期的に発注していくだけですから。

ドルコスト平均法で長期投資をする際には、長く続けられる金額で、安全な銘柄や通貨に分散投資していくことが肝心です。

 

 

ドルコスト平均法向きの証券会社

株でドルコスト平均法をやろうとしても、銘柄によっては最低単位でも数十万円、高いものだと100万円を超す企業の株もあります。銘柄分散もしたいのに、1銘柄でそんなにお金を使っていたら、いくら資金があっても足りません。

そんな時は単元未満株サービスを利用しましょう。単元未満株では、最低売買単位が100株や1000株の銘柄でも1株から購入することができます

手数料の安い単元未満株サービスとして、SBI証券のS株、マネックス証券のワン株、カブドットコム証券のプチ株があります。

 

 

FX

FXでドルコスト平均法をするならSBIFXトレードがオススメです。

多くのFX会社は、最低取引単位が10,000通貨や1,000通貨に設定されています。例えばドル円をレバレッジ1倍で1,000通貨購入するためには、約12万円のお金が必要になります。複数の通貨に分散するとなると多額の資金が必要になり、ドルコスト平均法には不向きです。

一方で、SBI FXトレードは1通貨からの取引が可能となっています。売買手数料は無料で、スプレッドも業界最狭水準となっていますので、ドルコスト平均法を行うためのFX会社としては最良といえます。

 

 

最後に

ドルコスト平均法は、コツコツと資産作りをしていきたい人に向いている投資法ですね。長い下落相場で含み損生活になっても気にならないなら、試してみる価値はあると思います。投資の上手い下手に関わらず、機械的に続けていけばそれなりの成果が出やすい方法なので、万人におすすめできます。

そろそろ金融資産を分散させたいなーと考えている人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

-資産運用、年金