専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

専業トレーダーと副業

2017/04/13

専業トレーダーも副業をしたほうがいいかもしれません。
その時点でもう専業トレーダーではなくなってしまうんですけどね。

なんだかんだ言っても、副業をやっていることのメリットは大きいです。

 

精神的に安定できる

副業のほうだけで生活費を賄えるようになれば、精神的にすごく楽になります。プレッシャーのかかる状態でトレードすると、本来やるべきトレードができなくなってしまう場合があるので、心の安定は大事です。精神状態がよければそれだけパフォーマンスも向上するというデータもあります。

家族が増えると守りに入るのページでも書きましたが、守るべきものができると安定が欲しくなります。私は長い間専業生活を続けてきましたが、子供ができたのを期に安定収益を欲するようになりました。自分だけなら大きな失敗してしまってもどうにでもなりますが、家族がいると失敗できません。絶対に迷惑をかけたくないし、不安定な生活をしてほしくないからです。そういう意味では安定した収益を欲するのは至極当然のことなのかもしれませんね。

 

 

資産が増えるスピードがあがる

金融資産が少ないうちは、副業をしながらトレードをしたほうが資金の増加スピードが圧倒的に早くなります。

下の画像は運用資金500万円、生活費が月20万円でトレード益が月5%だった場合における、生活費を引いた後の利益の推移です。(クリックで画像を拡大できます)

年間収支の推移

青い線は副業をしなかった場合、赤い線は副業で生活費をすべて賄った場合をあらわしています。このグラフからわかるように、運用資産から毎月生活費を引いてしまうと、資金の増えるスピードが下がります。

副業をした場合は年間400万円近い利益が残ったのに対し、副業をしなかった場合は100万円も利益が残りません。いかにトレード以外の収益が大事かがわかりますし、低資金から専業トレーダーをやることの難しさがわかると思います。運用資金が増えるまでは、アルバイトでもいいのでなんらかの副業をして生活費をまかなっていくと、それだけで資金の増加スピードがあがっていきます。

 

実家に居られる環境にあるなら、少し実家にお世話になるのもいいでしょう。家賃や光熱費が浮きますので、それだけでかなり有利になります。十分な資金が貯まるまでは一人暮らしを諦めて共同生活をするのも一つの手ですね。

資金が増えてくると、副業による資産増加スピードアップの恩恵を感じにくくなりますので、そうなってきた時が専業トレーダーに転身する頃合いかもしれません。

 

 

どんな副業をしたらいいのか

では、副業は何をすればいいのでしょうか。

FX?先物取引?
いいえ、不安定な副業をやっても心と生活の安定は得られません。

マイナスになる可能性が少なく、安定した収入が見込めるものが良いです。取引時間外にやるアルバイトでもいいですし、ネットビジネス、アフィリエイト、Youtuber、せどり、など色々あります。リスクはありますが、資金があれば不動産賃貸業や株式の配当収入などでもいいかもしれません。

 

 

最後に

副業に専念するあまり、本業のトレードが疎かになってしまっては本末転倒なので気をつけましょう。
働き過ぎにも、十分気をつけてくださいね。

 

スポンサーリンク

-専業トレーダーの現実