専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

入金して効率良く稼ごう

2016/09/22

ここでは運用資金の効率の良い増やし方について説明します。

投資は基本的に元手が大きいほど稼ぎも多くなるので、少ない資金を効率よく増やしていくことは大切な要素です。

 

初めてのトレード

まず最初はできるだけ少ない資金でトレードするべきです。株で信用取引ができるようになるのは、口座残高が30万円を超えている時なので、40万円程度から始めるのがいいでしょう。現物だけで始めるのならば、10万円からでもいいです。まずは注文を出してみて、どんな感じなのかを感じ取ることが大切です。

いくら事前にシミュレーションやデモトレードをしても、始めは失敗することもあります。仮に失敗してしまっても被害が少なくてすむように、最初は絶対に少額からはじめましょう。

 

 

トレードに自信がついたら

ここから先は自分の手法が完成し、トレードで稼いでいく自信がついた人向けの話になっています。自信がつくまでは少額でトレードし、検証を繰り返しましょう。少額からトレードを始めて経験を積み、安定して儲けを出すことができるようになったときにようやく、資産を効率よく増やしていく段階に入れます。

(→株の勉強って何をしたらいいの?

 

入金投資法

トレードに自信がつき、お金に余裕があるのなら証券口座に入金しましょう。運用資産が少ないうちは、入金による恩恵がかなり大きいです。株は複利で増やしていくことで、雪だるま式に資産が増加していきます。最初の資金が大きければ、運用資金が増加していくスピードも増していくのです。

 

例えばAさんとBさん、どちらも運用資産に対して月平均5%の利益を出せる実力があったとしましょう。
Aさんは100万円スタート。Bさんは追加で100万円入金して、200万円スタートになったとします。

 

  開始時 1か月後 半年後 1年後 5年後
Aさん 100万円 105万 134万円 180万円 1857万円
Bさん 200万円 210万 268万円 359万円 3735万円

 

いかがでしょうか。
当然ですが、一か月目から稼いだ額が倍になっています。5年後には1700万円以上の差がついています。最初に追加入金した100万円が、これほどまでの差を生んだのです。

実際は運用資産が増えるほど、トレード効率は落ちていきやすいので、ここまで上手くいかないかもしれません。しかし、運用資産が少ない時の入金が有効なのは明らかです。トレードに自信がつき、余剰資金が残されていたら、無理ない程度に入金をして資金効率をあげていきましょう。

 

また、運用資産が少ないうちは、運用資産に対して手数料が占める割合が大きくなりがちなので、手数料が少なくてすむ証券会社を選んでトレードするようにしましょう。手数料を気にするのと気にしないのとでは、資金の増えるペースが目に見えて変わってくるはずです。

別ページに初心者におすすめの証券会社をまとめてありますので、参考にしてみてください。

 

労働で得られるお金も大切

せっかく稼いだお金も生活費に消えて行ってしまっていては運用資金が増えていきません。

運用額がすくないうちは、仕事や副業などで収入源を増やして、なるべく運用益を生活費に割かないようにしましょう。

スポンサーリンク

-株式トレーダー向け記事