専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

失敗を繰り返してしまう理由

2017/04/13

なぜ同じような失敗を繰り返してしまうのか。
それは失敗を失敗だと正しく認識できていないからです。

 

間違いを認識しなければならない

人間は失敗から学び成長していきます。私たちはみんな、赤ちゃんから大人になるまで様々な失敗を重ねてきました。そして失敗から学習し、次へと活かしてきたはずです。実生活では簡単にやってのけていたことですが、トレードのことになると途端に難しくなります。なぜでしょうか?

トレードには間違った成功があるからです。

やらなくてもいいトレードをついついやってしまう、いわゆるポジポジ病から考えてみましょう。やらなくてもいいトレード、つまり期待値の出ていないトレードでも利益が出てしまうことがあります。この『間違った成功』のせいで何度も期待値の出ていないトレードを繰り返してしまうのです。

「この手法は損してばっかりだからもう使わない!」そう思っていても、利益が出てしまった過去があると、また利益が出るんじゃないかと無意識に考えてしまい、行動に移してしまうことがあるのです。利益が出たトレード自体も失敗トレードの一環なんだと認識できない限り、成長していくことは難しく、何度も同じ失敗を繰り返してしまうでしょう。

 

ロスカット、ナンピンにも当てはまる

ロスカットについても同じことです。ロスカットすべきところでロスカットせずに含み損を放置しておいた結果、助かってしまうことがあります。これが間違った成功体験です。

含み損のポジションを放置する癖が染み付いてしまうと致命的です。いつか、一方的な値動きが起こった場合に大損することになります。損失を確定することはツラいですが、きちんとロスカットするようにしましょう。

 

ナンピンについても同じです。含み損になったときにナンピンした結果、損が利益に変わったり、損失額が少なくて済むことがあります。これを成功体験と勘違いしてしまうと危険です。ナンピンをしてうまくいった場合は良いのですが、反対に動いてしまった場合には大損することになります。レバレッジを効かせてやっていたら目も当てられません。コツコツドカントレードの典型ですね。

ナンピン自体が悪いとは言いませんが、長い目で見たら失敗である行動を成功と勘違いしてしまう可能性があるということを、理解しておくことが大切です。

 

まとめ

失敗を正しく認識しない限り、何度でも繰り返してしまう。というお話でした。

失敗を繰り返さないためにはデータを取って数値化し、期待値が出ているかどうかをしっかり確認することが大事です。

スポンサーリンク

-相場関連の記事