専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

住宅ローンは組めるのか

2016/09/22

 

専業トレーダーは住宅ローンを組めるのか

ハウスメーカーの方に話を聞いてみたのですが、専業トレーダーの人が銀行などの金融機関で住宅ローンを組むことはかなり難しいそうです。確定申告をしていて納税証明が出せるとしても、売買益での収入というのはほとんど評価されないようです。従って、トレード以外の安定収入がないかぎり、金融機関でローンを組むことは難しいでしょう。

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供しているフラット35は若干審査が緩いようですが、それでもかなり難しいそうです。それなりの貯蓄があって、納税証明などを提出できるならば可能性は多少あるみたいですが…。

いくら儲けていても専業トレーダーは無職扱いされることが多く、信用されないのは職業柄仕方のないことです。金融機関の方々の判断は至極当然です。

信用されないのは残念ですが、住宅ローンを組むことができなくても悲観することはありません。そもそも専業トレーダーにはローンを組むメリットがほとんどなく、デメリットが強く存在するからです。

 

本当にローンを組んでしまって大丈夫?

ローンと借金は一緒です。ローンを組むということは、借金を抱えていくということと同じ意味なのです。ローンを組んでしまったら、借金返済のために利益を上げ続けなければならなくなります。

個人投資家のメリットである『稼げる相場だけ稼げば良い』というメリットを潰してしまいかねません。また、毎月返済していくプレッシャーとも戦っていくことになります。心理的な不安があるとトレードに悪い影響があるのは間違いありません。

もうひとつ問題なのは、確定申告をしていなければ住宅ローンの控除がつかえないという点です。株取引だけで生活している専業トレーダーは確定申告が必要ありません(特定口座源泉徴収ありの場合)。売買益の部分を確定申告をすれば国民健康保険料なども値上がりしてしまいますし、株トレーダーがローンを組むメリットはさらに薄れます。

 

現金で一括購入が理想

これができれば一番なんですけどね。仮に現金でマイホームを買えるほど利益を出せたとしても、マイホームの購入代金を運用資金から捻出してしまったらトレード自体に支障をきたしてしまいます。つまり運用資金とは別にマイホーム購入資金を稼ぎ出す必要があります。

幸い私たち個人投資家は相場に精通しているので、どの時期に住宅を購入すればいいのかなど多少なりとも知識があります。その点では一般の方々より少しお得に購入できるはずなので、頑張って貯めていくモチベーションにはなるかなと思います。

 

スポンサーリンク

-専業トレーダーの現実