専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

損切り、ロスカットのタイミングは重要

2017/04/13

損切り、ロスカット。難しいですよね。トレードをやっていたら、一度はナンピンをして大損した経験があるのではないでしょうか。

この記事では、その難しいロスカット問題について書いていきます。

 

明確なロスカットルールを作るべきか

損切り、ロスカットルールをしっかり作っている人はロスカットすること自体は簡単です。例えば買値から2%下げたらロスカットするというルールを作ってあったなら、それを忠実に実行するだけですみます。実に簡単ですね。

これが実行できない人は逆指値注文(ストップ注文)を使いましょう。○○円以下(以上)になったら市場に自動で発注するという注文です。逆指値注文を使えば意志の弱い人でも容易にロスカットが可能です。

 

このように、明確なルールがあれば実行するのは簡単なのですが、ルールを作る段階が難しくなります。あまりにも小さい値幅でロスカットするようにしてしまうと、ノイズ的な動きでロスカットすることが増えてロスカットだらけになります。ロスカット幅を大きくしすぎると損害が大きくなりますし、難しいですね。

 

上記のような『○%下げたらロスカット』みたいな数字でロスカットルールを作るのは簡単なのですが、『トレンドラインを割ったらロスカットする』といったような具体的なルールは作るのが難しいです。これは売買のエントリー基準を構築するのと同じくらい難しいことでしょう。トレーダーの永遠のテーマともいえます。

 

 

ロスカットルールを作らない場合

ロスカットを裁量で行っている場合は実行することが難しくなります。裁量のロスカットは、手法の信頼性が高ければ高いほど実行が困難です。なぜなら手法を信頼しているので、思った通りに動くと信じているからです。自信があればあるほど、損失という名の失敗を受け入れることが難しくなってしまうのです。

逆に手法の信頼性が揺らいでいるときは、ロスカットするタイミングが早くなってしまいます。それも必要以上に。これはこれで問題があります。ビビッてしまってロスカットするべきところで出来なくなってしまうんです。

強いメンタルをもっていないとロスカット判断を裁量でこなすのは難しいといえますね。

 

 

どーすりゃいいのよ?

裁量でやる自信がなければロスカットルールを作るべきでしょう。裁量でやりたいなら時間軸を短くして、思惑通りの値動きをしなければ問答無用で即撤退、ロスカットをするのも手です。

私は裁量でロスカットする派ですが、時間軸の長いデイトレードのロスカットは非常に難しく感じます。損失の許容範囲を広げれば一回あたりの損失は大きくなりますし、小さくすれば読みが当たっているのに損切りになってしまう確率が上がりますからね。

そう考えると、一日単位で見て安定した収支を望むなら、時間軸の短いデイトレやスキャルピングをしたほうがいいといえます。

 

 

頭と尻尾を狙っていく

そんなロスカットという難題から逃れられる方法があります。それは、エントリーポイントの厳格化です。逆に動いたら即ロスカットするんです。これなら大負けすることがなくなりますし、難しいロスカットのルールも要りません。

『頭と尻尾はくれてやれ』という相場の格言がありますが、これを否定していく形になります。この格言の意味は、頭と尻尾の部分である天井と底は見極めるのが非常に難しいので、トレンドが出てから身の部分だけいただきましょう、ということです。

この格言に従わず、頭と尻尾を狙っていくのです。頭や尻尾、つまり値動きの初動さえ掴んでしまえば、含み損状態になることがないのでロスカットの心配をする必要がなくなります。あとはいつ利益確定すればいいのかを考えれば良いだけです。こんなことができればスゴイ楽ですね。

ただ、売買手法がしょぼいと値動きの初動が上手くつかめずにロスカットの嵐になってしまいますので、手法の精度に依存してしまうところが大きな欠点といえます。

 

 

ロスカットしづらい銘柄に注意

株取引では株価が1円違うだけで全然収支が変わってくることがあります。1円で収支が大きく上下すると、どうしてもロスカットしづらくなってしまいます。売れるなら1円でも上で売りたいですもんね。逆に1円違っても収支に大差がないなら、ロスカットは割と楽にできます。

どういうことかというと低位株が危ないんです。例えば、50円で売った時と51円で売った時を比べると、損益率が2%近く変わってきます。1000円と1001円なら損益率は約0.1%しか変わりません。

このへんが低位株の難しさの理由のひとつでしょうね。同値で売りたいがため1円のロスカットを惜しんだ結果、2円抜かれるなんてことがあり得ます。ロスカットに不安を覚えているうちは、低位株に手を出さないほうがいいかもしれません。

 

 

大損の経験は財産になる

大損したときの感覚は一度体感してみないとわからないので、資金が少ないうちに大損を経験しておくのは良いことかもしれません。

ドカンとやられた後、再び資産の高値を目指していくことはとても苦痛です。なぜなら損失に対してとても神経質になっているので、普段のトレードをやることすら困難になるからです。

脳は自然とつらいことを回避したがりますので、一度大損を経験していれば、大損につながるトレードを本能的に避けることができます。そういう意味では大損した経験というのは全くの無駄ではないのです。ただ、忘れたころに同じような大損をしてしまうことも結構あるんですけどね。

 

 

最後に

ロスカットルール作りは非常に難しいです。

エントリーポイントの厳格化によってロスカットになる確率を減らしていくことが、手っ取り早く収益を安定させていく方法でしょうか。

ロスカットについては、今回書けなかった損小利大のことも含めて、また記事にしたいと思います。
(書きました→損小利大、勝率と連敗

スポンサーリンク

-相場関連の記事