専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

松井証券の詳細

2016/02/19

松井証券の概要

松井証券は、手数料0円の一日信用取引を武器に売買代金シェアを伸ばしてきているネット証券会社です。その日のうちに決済すれば何回取引しても手数料がかからないので、デイトレーダーを中心に人気があります。

 

 

取引手数料

松井証券の取引手数料形態は少し変わっていて、現物取引と信用取引(制度信用取引・無期限信用取引)の約定代金の合計金額から手数料が決定されます。

1日の約定代金の合計金額 手数料(税抜き)
10万円以下 0円
30万円以下 300円
50万円以下 500円
100万円以下 1,000円
以降、100万円増えるごとに1,000円加算
1億円超 100,000円

 

約定代金10万円以下が無料、という点は非常に素晴らしいです。ただ、約定代金が増えれば増えるほど取引手数料が高くなっていくので、資金が増えてきたら現物取引や制度信用取引をすることは難しくなります。

 

上記の手数料形態の他に一日信用取引というものがあります。約定回数、約定金額を問わず、手数料は無料。松井証券の真髄はこの一日信用取引です。

 

 

取引ツール

無料ツール

松井証券の取引ツールはネットストックハイスピードと呼ばれるものです。証券口座を持っていれば、誰でも無料で利用することができます。

ネットストックハイスピードには、株価情報の他にランキングやチャートやニュースなど、デイトレードに必要な情報が全て詰まっています。株取引をするためのツールはこれ一つでも事足りるでしょう。

また、Web上で登録銘柄の気配値やチャートなどを一覧で表示できる株価ボードというツールもあります。

 

有料ツール

松井証券の有料ツールにはネットストックトレーダー、ネットストックトレーダー・プレミアム、松井証券ディーリング・ブラウザの3つがあります。

利用したことがないのでわかりませんが、これらのツールを使うことによって投資成績が上がったり、他のトレーダーと比べて優位性を見出すことができるのなら、お金を払っても使う価値があると思います。

 

 

一日信用取引

一日信用取引のメリット

一日信用取引を利用すれば株取引をする際の手数料が全くかからなくなります。松井証券を利用している人のほとんどは、この一日信用取引を使うために利用しています。また、信用取引にかかる金利、貸株料についても、約定代金が300万円以上の場合は0%になります(費用がかからなくなります)。

 

一日信用取引のデメリット

現引き・現渡しを行った場合に約定代金×0.315%の手数料が発生します。また、当日の大引けまでに決済できなかった建玉(ポジション)がある場合には翌日に強制決済され、約定代金×0.315%の手数料がかかります。かなり大きな金額の手数料となってしまいますので、誤って翌日に持ち越してしまわないように気をつけなければいけませんね。

もう一つのデメリットは、取扱銘柄が少ないことです。売り建てできる銘柄が限られているので、空売りを使うデイトレーダーにとっては利用しづらい証券会社となってしまっています。

 

プレミアム空売り

プレミアム空売りでは、制度信用取引で売ることのできなかった銘柄を空売りできるようになっています。ただし、別途プレミアム空売り料がかかってきます。SBI証券のHYPER空売りや、楽天証券の特別空売りがプレミアム空売りの類似サービスです。

 

 

まとめ

松井証券の一日信用取引は、現物取引を一切使わないデイトレーダー向けです。証券会社の長所と合致する投資家にとっては、この上ない優良証券会社です。デイトレード(日計り取引)に特化しているトレーダーは松井証券を検討してみてはいかがでしょうか。

 

松井証券のサイトはこちら

スポンサーリンク

-株式トレーダー向け記事