専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

トレードとメンタル

2017/04/13

株やFXといった投資の世界ではメンタルが重要といわれています。
いったい、メンタルとは何なのか考えていきましょう。

 

メンタルの強さとは

私の考えるメンタルの強さとは、損を受け入れられることです。メンタルが強ければ、一回のトレードで損失が出ても簡単に受け入れることができます。

損とは損失の額を言っているのではありません。損失が出るトレードを受け入れられるかということです。トレード単位での勝率が5割だった場合、2回に1回は損をしてしまうことになります。年間で考えたら、大変な数の損失トレードをすることになるのですが、これを当たり前のように受け入れられないとその後のトレードに支障をきたしてしまいます。

トレードの上級者たちは、損失が出るトレードを失敗だと思っていません。成功トレードの一環として認識しているのです。思い通りのロスカットができればそれは成功です。逆に利益が出ても、自分のやり方に反していたらそれは失敗トレードです。

話が少しそれましたが、メンタルの強さとは、損をしてもブレずに自分のやるべきことを繰り返していけることだと私は思います。

 

 

メンタルと損小利大

損小利大であれば、勝率が低くてもかまわないという理論は否定しません。しかし、弱メンタルの人は勝率の低い手法を使うべきではありません。勝率が低ければどんどん自信が失われて不安になってしまうからです。

不安になればやるべきトレードを実行することが難しくなります。そうなればトレーダーとして窮地に立たされることになるでしょう。そうなってしまわないためにも、メンタルが弱い人は勝率が5割以上の手法を運用していくべきです。

 

 

メンタルが弱いことで起こる弊害

 

  1. 適切な数量のポジションを取れない
  2. 人の意見に惑わされる
  3. 失敗を引きずる

 

 

1.適切な数量のポジションを取れない

びびってしまって小さい単位でしか取引ができない症状です。投資の世界では石橋を叩いて渡るような慎重さがあっても良いのですが、いざトレードするとなった時にあまりにもビビりだと取るべきポジションが取れません。最小ロットでトレードしていては、いつまで経っても利益が少ないままです。投資初心者から次のステージへあがるためには売買ロットを増やしていく必要があります。

びびって小ロットでしか取引ができない人は、大量のデータによって裏付けを取ることで弱メンタルを克服することができます。自分の手法に確信が持てないからロットが上げられないのであって、正確なデータが手法の有用性を裏付けていたら多少安心してロットを上げることができます。データを集めるためにも手法を検証したり、しっかりと日々の売買記録をつけていきましょう。

 

 

2.人の意見に惑わされる

メンタルが弱い人は、余計な情報を入れ過ぎないことも大事です。

新規でポジションを取ると、そのポジションが正しいのか不安になり、ツイッターや掲示板などで他人の意見を知りたくなります。他人の後押しをもらって楽になりたいのです。しかし、本当に信じるべきものは自分の意見です。ポジションを取った理由は自分自身の売買手法にあったはず。そこに他人の意見を取り入れてしまったら、もうそれは手法崩壊を意味します。ポジションを取ったあとは、自分自身を信じるべきなのです。

強いメンタルを持っている人は他人の意見も考慮しながら、手仕舞い戦略にいかすのも一つの手だと思います。が、弱メンタルの人はそれが難しいので、自分のポジションに対する他人の意見は見ないほうがいいでしょう。

ただし、ニュースに関しては常にアンテナを張っておく必要があります。ポジションを作る前に出たニュースなら無視してもかまいませんが、ポジション作成後に出たニュースなら臨機応変に対応していかなければなりません。

 

 

3.失敗を引きずる

一度失敗トレードをしてしまうと、次のトレードが不安になります。「また損してしまうのではないか」、「もうこの手法は通用しないのではないか」、弱メンタルの人はこのようなネガティブ思考に陥ってしまいがちです。ですが、しっかりとした検証のもとで自分の売買手法を作っているなら、過剰に心配する必要はありません。

ここにトレードの勝率と連敗する確率表があります。

勝率と連敗する確率

 

だいたい自分のやり方だと何連敗くらいまでがあり得ることなのでしょうか。連敗する確率があらかじめわかっていれば不安が取り除かれるかもしれません。

勝率が6割の手法を使っているのに、「5連敗もしてしまった。もう通用しなくなってしまったのではないか。」などと考えてロットを下げてしまったり、やり方を変えてしまうことは愚策です。勝率6割だと5連敗する確率は1%もあるのです。どのくらいの連敗がありえるのかが予めわかっていれば、「1%を引いてきちゃったか。まあ、しょうがないな」という考え方に変わってきます。

 

一時期だけを抜き取ってみると勝率が落ちていても、売買を続ければ続けるほど確率は収束してきますので、勝率は検証通りの水準に落ち着いていきます。試行回数が増えても収束してこないときに初めて、自分の手法を疑ってみましょう。

 

 

メンタルは弱くても良い

弱メンタルはデータの裏付けでカバーしましょう。また、損失が出ることが必然であることを理解することが大事です。そうすればメンタル強化を図らずとも、トレード経験を積んでいくことで自信がついてきますので、トレードに対する不安は薄れてきます。

メンタルが強すぎるあまり思考がポジティブになりすぎてしまうとポジポジ病になってしまうこともありますし、売買の判断基準も甘くなってしまうかもしれません。ですので、メンタルが弱くても悲観しすぎることはありません。

 

まずはしっかりとした売買手法作りをしましょう。
根拠のあるトレードを継続していくことが大事です。

 

 

スポンサーリンク

-相場関連の記事