専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

専業トレーダーの年金と老後

2017/04/13

誰もが老後にお金の心配をしたくないですよね。心配をなくすためには国民年金に上乗せ、俗に言う二階建ての部分を考えておくべきです。
※この記事は個人でやっている専業トレーダーに向けて書かれたものとなっています。

 

国民年金ってどうなの?

法人化している場合には、厚生年金に加入していますね。そして個人でやっている専業投資家は、国民年金に加入しているはずです。

巷では国民年金に対して良い話を聞きません。これから高齢者の割合が増えていくことによって負担額の増加してしまうのではないか。財源が厳しいので支給開始年齢が上げられてしまうのではないか。不安材料は尽きません。それでもなお、国民年金は優秀な制度であると私は思います。

 

まず、国民年金支給額の算出には物価スライド制度が採用されていますので、インフレに対応しています。民間の年金保険はインフレに弱いものばかりなので、国民年金はその点で優秀です。キャッシュポジションの多いトレーダーはインフレに弱いので、物価スライド制の国民年金はありがたい存在となります。最低限のインフレ対策としても国民年金の支払いはしておくべきですね。さらに、国民年金は障害保険と死亡保険の要素も兼ね備えています。他にも様々なメリットがあり、民間企業のどの個人年金保険よりも断然オトクといえます。

万が一、支払いをしていない場合は、まず国民年金の支払いを済ませましょう。遺族基礎年金などにおいては、未納期間があると支払われない場合もあります。もし未納状態であるならば、一刻も早く納付しましょう。

また、国民年金を語る際に生活保護が引き合いに出されることがよくありますが、生活保護は最後のセーフティネットであり、国民年金と比べること自体おかしなことです。マイナンバー制度の施行で不正受給がなくなるといいですね。

 

 

老後に備える具体案

専業トレーダーに定年はないので、生涯現役トレーダーとして頑張るのもアリです。ただ、判断力や集中力の低下など、高齢になるにつれてトレーダーとしての能力低下は避けられません。稼げなくなってしまった時のことも考慮して、老後への備えはしておきたいですね。

備えと言っても、国民年金だけでは将来の備えが十分だとはいえません。いったい、それ以外のどのようなもので将来に備えれば良いのでしょうか。

 

老後の備え、一例

 

考え付いただけでも結構な種類がありました。専業トレーダー人生は長いと思いますので、できればインフレに対応しているものを選んだほうが良いですね。

2015年現在、日本はインフレ政策を推し進めています。もし20年後、30年後にお金の価値が大幅に下がってしまっていた場合どうなるでしょうか。インフレ時に利率が悪い預貯金などに資産の大部分を回してしまっていると、実質大損していることになります。せっかく稼いできたお金がドンドン目減りしていくのはつらいですよね。でも逆に金融資産のすべてをリスク商品にまわしてしまうのも怖いので、バランスよく金融資産を分散しておくことが大切です

 

結局、何をして将来に備えればいいの?
という話は、また別に機会に書きたいと思います。

スポンサーリンク

-専業トレーダーの現実