専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

2015-2016年、年末年始の金融市場取引時間まとめ

年末年始の国内株式、FX、先物・オプションの取引時間、営業時間をまとめてみました。まだ知らない方は、最終取引は何日までなのか、取引開始は何日からなのかをしっかり確認しておきたいですね。

それでは見ていきましょう。

 

国内株式取引

東京証券取引所

日付 曜日 取引時間
2015年12月30日 通常通り(大納会)
2015年12月31日 休場
2016年1月1日 休場
2016年1月2日 休場
2016年1月3日 休場
2016年1月4日 通常通り(大発会)

年間の最終取引日のことを大納会、年始の最初の取引日のことを大発会といいます。

 

PTS

日付 曜日 取引時間
2015年12月30日 昼間は通常通り。夜間取引は休場
2015年12月31日 休場
2016年1月1日 休場
2016年1月2日 休場
2016年1月3日 休場
2016年1月4日 通常通り

 

株式トレーダーの年末年始は4連休です。

 

補足ですが、税制上の最終取引は12月25日(金)になっていて、12月28日(月)から2016年の取引が始まることになります。どういうことかと言うと、証券取引は約定日から数えて4営業日目が株式や売却代金の受渡日となっているため、税金の計算は受渡日ベースで行われるからです。

 

 

FX(外国為替証拠金取引

 

日付 曜日 取引時間
2015年12月30日 通常通り
2015年12月31日 ほぼ通常通り(普段より早くクローズするところもあります)
2016年1月1日 休業
2016年1月2日 休業
2016年1月3日 休業
2016年1月4日 ほぼ通常通り(7時より開始のところが多い)

 

FXトレーダーは3連休となります。ちょっと短いですね。

年末の取引終了時間や年始の開始時間はほぼ通常通りなのですが、FX会社ごとに若干異なっていますので、個別に確認しておいたほうがよさそうです。FX会社は多いので1つ1つ調べてまとめることはしませんでした。すみません。

 

 

先物・オプション

日付 曜日 取引時間
2015年12月30日 通常通り
2015年12月31日 休場
2016年1月1日 休場
2016年1月2日 休場
2016年1月3日 休場
2016年1月4日 通常通り

 

先物・オプション取引も、株式市場と同じで12月31日~1月3日までがお休みとなっています。

 

 

最後に

今年は土日が正月三が日に重なってしまったので、曜日の順番的に連休が短いパターンとなってしまいましたね。稼ぎたいトレーダーにはありがたいですが、休みを取りたいトレーダーにはしょんぼりの年末年始です。

その他の注意事項として、お金の移動を考えている人は早めにしておくとよさそうです。年末年始は入出金を受け付けていなかったり、反映が年始の4日や5日になってしまう場合があるので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

-相場関連の記事