専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

SBI証券の詳細

2017/04/13

SBI証券の概要

SBI証券は証券会社の国内株式個人売買代金シェアで圧倒的No.1を維持し続けています。小資金の投資家から大口投資家まで幅広い層に人気があります。

手数料が安いのはモチロンのこと、取引ツールや投資情報も充実しています。夜間取引ができるというオリジナルコンテンツも顧客をひきつける理由のひとつかもしれません。

 

取引手数料

一約定ごとの取引手数料です。

取引形態/約定代金 10万円 100万円 300万円 300万円以上
現物取引 150円 525円 994円 994円~1050円
信用取引 154円 388円 388円 388円

大口投資家は信用取引手数料が0円になります。

優遇条件(いずれかを満たせば翌営業日に限り適用)
・信用取引の未決済建玉金額合計が5,000万円以上
・信用取引の当日約定分の新規建(買建・売建)約定代金合計が5,000万円以上

大口投資家におすすめの証券会社の記事はこちら)

証券会社ごとの取引手数料比較も別記事にて)

 

SBI証券の取引手数料は比較的安い水準です。大口取引優遇判定が1日ごとになっているので、月の途中から取引に参加した投資家は、翌日からすぐに信用取引手数料が無料になるのでありがたいですね。

 

取引ツール

SBI証券にはHYPER SBIという取引ツールがあります。

通常は有料ですが、条件付きで無料になります。主な無料条件は、SBI証券のサイトをご参考ください。

 

SBI証券の取引ツール、HYPERSBI

HYPERSBIは完成度の高い、多機能取引ツールです。株価情報やニュース、ランキング、チャートなどありとあらゆる情報がこのツール一つで揃います。登録銘柄のチャートをたくさん並べて表示できるのがデイトレーダーには好評のようです。

 

 

IPOの当選確率アップ

SBI証券はIPO(新規公開株)の幹事証券になりやすいため、個人投資家への配分株数が多くなっています。IPOを買いたい投資家にはオススメです。

抽選方法は、資金量に応じて抽選口数が増えていきます。資金量が多ければ多いほど新規公開株を購入できる可能性が高まりますので、億トレーダーにも人気があります。

また、外れるとIPOチャレンジポイントがもらえます。ポイントをたくさん貯めて使用すればポイント枠で当選することも夢ではありません。ポイント枠と資金枠は別に設けられているので、資金が少ない人にもIPOが当選する可能性は十分にあります。

 

 

PTS取引ができる(夜間取引)

PTSという私設市場で夜間に株取引ができるのはSBI証券だけです。PTSのためだけにSBI証券に口座を開いているという人がいるくらい重宝されています。

PTSの取引時間と利用することのメリットは別の記事に書いてありますので、そちらをご覧ください。
(→PTSの使い方とメリット

 

 

ハイブリッド預金

証券口座のキャッシュポジション(受け渡し日計算)を自動でハイブリッド預金口座に振り替えてくれて、預金金利がつきます。株取引をする際にはハイブリッド預金口座から自動で振り替えられますので、申し込みさえしてしまえば、その後なんの操作も必要ありません。

2016年2月現在は、年利0.03%となっていますので、非常に微々たるものですが無いよりはマシという感じでしょうか。口座残高が増えてくるとその恩恵も感じとれるようになってくるかもしれません。マイナス金利導入の影響で銀行の預金金利が全体的に下落してしまっているので、この利率も致し方なしです。

 

 

住信SBIネット銀行との連携

SBI証券と住信SBIネット銀行との間で資金移動が容易にできます。住信SBIネット銀行は、振込手数料が月1回無料で行えるため、非常に経済的です。また、口座残高や利用状況などに応じて月15回まで振込手数料が無料になります。証券口座や銀行口座への資金移動をする際に余計なお金がかからなくなるので、口座を持っておくと便利です。

 

 

貸株サービス

貸株サービスでは、持っている株を貸し出すことができ、その対価として貸株金利を受け取ることができます。配当金や株主優待の権利日だけは返還してもらうことができるので、安心です。長期投資で持ち株をそのまま寝かせておくよりも、貸株サービスを利用して金利を受け取った方がお得です。ただし、万が一証券会社が倒産した場合には預金保護制度対象外なのでノーリスクというわけではありません。詳しい内容をよく確認した上で利用した方が良いと思います。

また、貸株金利は雑所得となり総合課税になります。額によっては確定申告が必要となりますのでご注意ください。

 

まとめ

SBI証券は手数料が安く、株式に関連する様々なサービスがあるのでとても魅力的な証券会社です。短期投資家、長期投資家のどちらにもオススメできます。特に夜間取引(PTS)をやりたい人には必須の証券会社と言えますね。

 

SBI証券 のサイトへ

 

スポンサーリンク

-株式トレーダー向け記事