専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

年利1.42%のSBIホールディングス社債

2017/04/13

SBIホールディングスが待ちに待った社債を発行するようです。

明日(2016年1月13日)から注文受付開始なので、購入するかどうか早めに決めておきたいですね。

 

SBIホールディングスの社債概要

名称 SBIホールディングス株式会社2017年1月26日満期1.42%円建社債
発行体 SBIホールディングス株式会社
年率 1.42%
期間 約1年
募集期間 2016年1月13日~2016年1月25日(抽選申込は15日の15時まで
発行総額 200億円
申込単位 10万円以上 10万円単位(上限1,000万円)
発行価格 額面100円につき100円
利払い日 2016年7月26日、2017年1月26日
発行日 2016年1月26日
償還日 2017年1月26日
格付け BBB(R&I)
販売会社 SBI証券

 

抽選申し込み期間

抽選申し込み期間は2016年1月13日(水)12:00から2016年1月15日(金)15:00までとなっています。先着ではなく抽選になっていますので、急ぐ必要はなさそうです。が、申込期間がとても短いので忘れてしまわないように気をつけたいですね。

申し込みはSBI証券ホームページの債権の項目から行えます。

 

SBI債の魅力

SBI債の魅力はなんといっても高金利と償還期間が短いことでしょう。1年で1.42%(税引き後1.131%)は魅力的です。SBI債は10万円から購入可能となっていてハードルが低くなっています。運用しきれていない余剰資金があるなら、購入を検討してみても良いのではないでしょうか。

私は申し込む予定ですが、毎回SBI債はなかなか当たらないですし、今回も倍率が高そうなので過度の期待はしていません。

ちなみに100万円分購入すると、1年間で約11,310円の利益(税引き後)になります。普段トレードをしていると微々たるものに感じるかもしれませんが、余剰資金で増やせるお金と考えると魅力的です。

 

SBI債のリスク

第33回SBI債は円建てなので為替リスクはありません。あるのはSBIホールディングスの倒産リスクだけです。1年という短い期間ですので、このアベノミクス景気の中で倒産するとは考えにくいのではないでしょうか。もっとも、SBI証券に1,000万円以上預け入れている投資家はもともと倒産リスクなんかほとんどないと考えていないでしょうね。そうはいっても、ノーリスクではないのでしっかりと検討した上で判断したほうがよさそうです。

 

もう一つ、満期前に社債を売却しようとすると元本割れする可能性があります。私は第6回SBIHD社債を持っているのですが、今売却すると購入代金の98.51%が戻ってくるようです(下画像)

SBIHD社債

売却せずに満期まで保有できれば元本割れすることはありません。今回の社債は定期預金よりも利率は良いけどある程度のリスクを伴う、というものです。

 

 

※この記事は、SBIホールディングス社債に関しての情報提供を目的としていて、投資勧誘やそれに類する行為を目的としていません。

 

スポンサーリンク

-相場関連の記事