専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

年利2.13%のソフトバンク個人向け社債

2017/04/13

ソフトバンクが個人投資家向けの社債を発行するようです。今回の社債は投資対象としてはどうなのでしょうか。

明日(2015年11月27日)から販売開始なので、迷っている方は早めに購入するか否か決断しておきましょう。

 

ソフトバンクの社債概要

名称 ソフトバンクグループ株式会社第48回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
年率 2.13%
期間 約7年
募集期間 2015年11月27日~2015年12月9日
発行総額 3700億円
申込単位 100万円以上 100万円単位
発行価格 額面100円につき100円
利払い日 毎年6月10日、12月10日
発行日 2015年12月10日
償還日 2022年12月9日
格付け A-(JCRより取得予定)
販売会社 みずほ証券、SMBC日興証券、大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、
SBI証券、岡三証券、岩井コスモ証券、SMBCフレンド証券、
東海東京証券、水戸証券

 

 

販売開始時間帯

主なネット証券会社が販売開始する時刻がこちらになっています。

証券会社名 開始時間 購入方法
SBI証券 12時~ Web上にて先着順で販売
大和証券 15時30分~ 本支店にて注文受付開始 ダイレクトコースは電話注文可
SMBC日興証券 不明 店頭または電話

 

インターネットで注文できるのはSBI証券だけです。

前回は販売開始から30分も経たずに売り切れてしまったので、SBI証券で購入したい人は12時前から準備しておきましょう。

 

リスク

社債を途中で売却すると元本割れする可能性があります。

私は第45回のソフトバンク社債を持っているのですが、今売却すると購入代金の98%が戻ってくるようです(下画像)

ソフトバンク社債

このように中途売却をしても大きく元本割れするわけではないので、この点においては高リスクとはいえませんね。ただし、経営状態が目に見えて悪化してきた場合は、売却価格がもっと下がる可能性があります。もしも途中で売却、撤退したくなってしまったら早いうちが良いかもしれません。

 

また、発行体(ソフトバンクグループ)が倒産したら一部もしくは全額が戻ってこない可能性があります。ソフトバンクは企業としては大規模で知名度もありますが、有利子負債が10兆円を超えてきており今後どうなっていくかは不透明な部分もあります。償還期日までが7年というのも、その財務状況ゆえにかなり長く感じそうです。

 

今回の社債を簡単に説明すると

簡単に言うとソフトバンクが倒産しなければ年率2.13%(税引前)の利息を7年間受け取れるということです。SBI証券で購入した場合、購入元本は償還日の5営業日前に償還金として買付余力に反映されます。定期預金よりもリスクがありますが、その分金利が高いということですね。

運用しきれずに遊んでしまっているお金がある人は購入を検討してみてもいいかもしれません。ちなみに私は見送ります。

 

※この記事は、ソフトバンク社債に関しての情報提供を目的としていて、投資勧誘やそれに類する行為を目的としていません。

 

スポンサーリンク

-相場関連の記事