専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

スキャルピングは簡単かもしれない

2017/04/13

スキャルピング取引という言葉をご存知でしょうか。スキャルプ(scalp)とは頭皮のことです。最近はスカルプDというシャンプーが流行っているので、この言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。

相場の世界においてのスキャルピング取引とは、皮を剥ぐように小さな値幅を狙って取引を繰り返し、利益を積み重ねていく取引のことを指します。スキャルピング取引をメインに生計を立てている人をスキャルパーと言ったりもしますね。

 

本題:スキャルピングは簡単なの?

やり方によってはスキャルピングは簡単にできます。取引時間軸の長めなデイトレードやスイングトレードに比べたら圧倒的に簡単だと、個人的には感じています。私は株式の専業トレーダーなのですが、FXでもこの考えは通用するのではないかと考えていますので、FXトレーダーの方も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

まず、基本的に取引手法を作る時はエントリーとエグジットのタイミングを決める必要があります。相場初心者の人はエントリーばかりにこだわってしまいがちですが、エグジット(利益確定、損切り)のタイミングも非常に重要です。特に、損切りが遅れてしまったり無駄にナンピンをしたりしてしまうと、大きな損害を被ってしまう可能性があるので、利益より損失を小さく(損小利大)していくことが大切になってきます。

別の記事でも詳しく書きましたが、損切り(ロスカット)のタイミングを決めるのはとても難しいです。損失の許容範囲を広げれば一回当たりの損失は大きくなりますし、許容範囲を狭めれば勝率が落ちていきますし、読みが当たっていてもロスカットになってしまう確率があがってしまいます。

 

前置きが長くなりましたが、難しいロスカットルール自体そのものを簡単にしてしまおうというのが、今回お話しするスキャルピングのやり方です。

最初に、ロスカットする条件を「ポジションと逆に動いたら絶対にロスカット」とします。1tick(1円)、0.1pips(0.1銭)でも逆に動いたらロスカットです。このロスカットルールなら明確で簡単ですよね。株の1tickという基準は問題ないですけど、FXの0.1pipsはロスカットになりすぎて無理でしょうね…。FXは基準を1~2pipsくらいにしてもいいかもしれません。株にせよFXにせよ、このロスカットルールで逆張りをすると損切りラッシュになってしまう可能性が高いので注意が必要です。

ともかく、すぐさまロスカットすることで損失額がある程度限定されてきますので、大損することはなくなります。これで『損小利大』の損小の部分は完成しました。

 

利益確定のタイミングも難しい課題ですが、始めのうちは適当に数tick、数pipsで適当に利益確定してしまって良いと思います。損失額が小さく限定されているため、勝率が高ければ適当利食いでも十分に利益が出ますから。余裕が出てきたら、利益確定についても最良の判断を下せるように試行錯誤していくといいと思います。良いところでポジションを作れたと思ったら、利益を伸ばすためにトレイリングストップを使ってみるのも良いかもしれません。

 

このスキャルピング方法で最も大事な点はエントリーポイントです。

取っているポジションの逆に動いたら即座にロスカットするというやり方なので、少々の含み損も許されません。生半可な適当エントリーではロスカットの連続になってドンドン資金が減っていってしまうでしょう。ですので、エントリーポイントを厳選していかなければなりません。つまり、高勝率のトレード手法を見つけるまでがこのやり方の一番の鬼門といえますね。手法さえ見つかってしまえば、あとはもう延々と繰り返していくだけとなります。

 

 

スキャは費用がかさむ

スキャルピングの問題点は取引回数が多くなってしまうことです。

株であれば手数料がかかりますし、FXであれば毎回スプレッドを抜かれていることになります。ですので、手数料が安い証券会社やスプレッドが狭く約定力の高い業者選びをすることが大切です。またFXにおいてはスキャルピングを禁止している業者もありますので、事前にしっかり調べておきましょう。

 

 

まとめ?

損失額を限定させたスキャルピングは、エントリーポイントの精度が高ければそれだけで勝ち続けることができます。

時間軸の短いスキャルピングという取引に興味を持ったら、この記事のことを思い出してあげてください。ではでは。

 

 

スポンサーリンク

-相場関連の記事