専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

中級者が陥りやすい失敗

2016/09/22

少しトレードに慣れてきてきても、失敗することはまだまだたくさんあります。

このページでは、私が実際に失敗してしまったことをまとめています。この記事を読んで回避できる失敗があるのなら、書いた甲斐があったってもんです。

 

調子が悪くなってきた時に他の金融商品に手を出す

株のトレードの調子が悪い時に、新しくFXや225先物取引などを新規に始めようとするのは悪手です。
本業で儲けが出ないと焦って新しいことに目を向けてしまうことがあります。しかし、本当にやるべきことはトレード内容の見直しや新しい手法の開発です。

調子が落ちてきた時は、まず本業を立て直すことに専念しましょう。新しいことを始めるのは、調子が良い時に限ります。

 

 

他人の収益に翻弄される

現代社会にはさまざまな情報があふれています。ちょっと調べれば、色々な人の売買状況や収益を知ることができます。Twitterなどをしていると、知りたくなくてもそのような発言を目にすることもあるでしょう。

上昇相場においては、初心者の個人投資家が運任せで莫大な利益を上げていることが多々あります。自分より実力が下であろうトレーダーが、運だけで自分よりも稼いでいることに納得がいかないかもしれません。負けたくないという気持ちは、当然あると思います。その時に自分も運まかせの博打トレードをすれば、爆発的に儲かるかもしれません。しかし、それは実力ではありません。いつか痛い目を見ることになるでしょう。

他人の収益に翻弄されて、自分を見失ったようなトレードをしないよう、十分に気をつけてください。

 

 

手法を捨てられない

トレード手法には有効期限があります。相場は常に変化しているので、以前のような値動きをしなくなる場合も出てくるでしょう。あなたの開発した手法も、突然通用しなくなってしまう時が来るかもしれません。そんな変わりゆく相場に柔軟に対応していくためには、手法を改良していく必要があります。

それでも使えなくなった手法は潔く諦めましょう。過去の栄光にすがったあまり、損失を重ねていくのはバカバカしいですからね。

 

 

流動性リスクを負ってしまう

初心者を脱却し、勝ち方を覚えたらもっとレバレッジを効かせたくなるかもしれません。レバレッジをたくさん効かせた方が儲けの額が大きくなりますからね。しかし、ハイレバレッジになればなるほどリスクも大きくなります。一度のロスカットで失う金額が増えてきますので、その損失額に自分の精神が耐えられるかどうかが問題になってきます。損切り額の大きさに恐怖を感じてしまうと、自分のトレードそのものを見失ってしまう恐れがあります。恐怖を感じると、一度の損切りからトレードが不調に陥ったりすることがあるので、気をつけなければいけません。

また、株価というものは需要と供給のバランスによって成り立っています。買い板に置いてある株数以上のポジションをとってしまうと、決済する時に無駄に利益を減らしてしまったり、損切りのときは余計に損してしまうことになります。単に調子が良いからといってレバレッジを効かせるのではなく、銘柄によって売買する株数を調整していくことが大事ですね。

 

 

好きな銘柄に固執する

得意銘柄を持つことは良いことです。得意だと感じることはパフォーマンスが高いということでしょうし、他の銘柄と違う何かがあるのかもしれません。

しかし、いつまでも思ったような値動きをしてくれるとも限りません。活況のときはトレードのやり易さを感じていても、閑散としてしまったら全く利益があがらなくなってしまうこともあります。相場には波がありますので、得意な銘柄の値動きが減ってしまうこともあるでしょう。そうした時には無理に得意銘柄を売買をしようとせず、他の業種や市場に目を向けることも必要になってきます。トレードを続けていくには広い視野をもつことが大切です。

 

スポンサーリンク

-株式トレーダー向け記事