専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

SMBC日興証券の詳細

SMBC日興証券の概要

SMBC日興証券は三井住友フィナンシャルグループの大手証券会社です。企業ブランドによる絶大な信頼があるので、より安心して取引を行いたい投資家にニーズがあるようです。ここ最近ではネット取引を主体とした投資家もターゲットにして、ダイレクトコースで安い手数料形態を打ち出しています。そのため、安い手数料を求めてきた投資家の流入も多いようです。

 

 

取引手数料

一約定ごとの取引手数料です(ダイレクトコース)

取引形態/約定代金 10万円 100万円 300万円 300万円以上
現物取引 135円 864円 2,160円 2,160円~27,000円
信用取引 0円 0円 0円 0円

証券会社ごとの取引手数料比較は別記事にて)

 

SMBC日興証券は、なんといっても信用取引手数料が無料なのが魅力です。現物取引手数料はお世辞にも安いとはいえませんが、信用買いしたポジションを現引きすることによって、手数料をかけずに現物株を保有することができます。現物株を売りたい時にも信用売り(空売り)して現渡しすれば手数料はかかりません。このように、現物取引を使わないようにすれば、1円も手数料を払わずに株取引をすることができます(信用建玉に対する金利はかかります)

 

 

取引ツール

SMBC日興証券にはパワートレーダーという取引ツールがあります。

前月の約定が合計5回以上であれば、パワートレーダーを無料で利用することができます。また、新規に申し込んでから翌月末まで(最大2か月間)は無料トライアル期間として無料で利用することができます。

 

パワートレーダーは株価情報やチャート、ニュース、ランキング、銘柄分析など様々な機能がついています。ただし、現引きや現渡し注文などができないことや、注文の際にワンクッションあって時間がかかるといった、気をつけなければいけない点もあります。一瞬を争うスキャルピングをやっていなければ、問題なく利用できる取引ツールです。

 

 

IPOの幹事証券

SMBC日興証券はIPO(新規公開株)の取扱数が多い証券会社です。中でも割り当て株数が多い主幹事になることが年間通してかなりの回数ありますので、新規公開株を買いたい方は口座を開いておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

一刻を争うスキャルパーには向いていません。しかし、逆に言うとそれ以外の投資家にとっては非常に優秀な証券会社です。信用取引手数料が無料なので、手数料を気にすることなくトレードに集中することができます。また、IPO(新規公開株)を買おうと思っている人は絶対に口座を持っておきたい証券会社の一つとなっています。

 

SMBC日興証券のサイトはこちら

スポンサーリンク

-株式トレーダー向け記事