専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

どのくらいの資金から始めればいいのか

2017/04/13

株式投資はいくらくらいの資金から始めるのが理想なのでしょうか?

全くの初心者が株式投資を始める場合について考えていきたいと思います。

 

トレードスタイルによりけり

チャート画像

投資を始める時の資金額は、短期売買をするか長期投資をするかによって変わってきます。短期売買と長期投資とでは、取引内容や目的が大きくことなるからです。

 

短期売買

少額から資金を大きく増やしていきたい人や、専業トレーダーを目指す人は短期売買をするのが良いでしょう。

短期売買をするなら50万円くらいから始めるのがベターだと思います。仮に30万円から始めようとすると買えない銘柄が多すぎます。2015年11月現在ですと、全3665銘柄中928銘柄が30万円で購入することができません。これでは利益をあげるチャンスの選択肢を狭めてしまっています。

また、信用取引の練習をするためには証券口座に30万円以上入っていないと取引することができません。ぴったり30万円しか運用資金がないと、一回損をしてしまっただけで最低保証金の30万円を下回ってしまうので、そのつど入金が必要になってしまって練習しづらいです。

信用取引って危ないんじゃ?とお思いの方も多いと思いますが、トレーダーとして安定した利益を出し続けていくためには、信用取引をすることがほぼ必須となります。かの有名なBNF氏は現物取引だけで巨万の富を築いたそうですが、凡人にそんな難しいことを迫るのは酷です。

信用取引の最大の利点は空売りができることです。空売りによって売りポジションを取ることができるので、下げ相場でも戦っていくことができるようになります。上げ相場で買いポジションが有利なように、下げ相場では売りが有利です。空売りを上手に使い、どのような相場にも対応できるようになることが大切です。

また、買いポジションを長時間を保有するときには、空売りをしてリスクヘッジすることも大切です。これを怠ると東日本大震災のような突発的な悪材料が起こった場合に、大損することになってしまいます。空売りでヘッジをしておけば、買いポジションは損をしますが、売りポジションで利益を出すことができるので、損失を軽減できます。

上昇相場でたくさん稼いで下落相場は休むという手も一つです。しかしトレードを生業として生活していると、稼げない期間があった場合精神的につらくなってきます。下げ相場や横ばいの相場が続けば続くほど、生活費で資産がどんどん減っていってしまいますからね。稼げない期間を作らないためにも、信用取引で空売りができるようになっておくのは大切なんですね。

 

話を戻しますと、50万円からスタートするのが良いというのが私の結論です。最初は損をしてしまうこともあるでしょう。しかし、勝てるようになってくれば50万円を取り戻すのはそう難しいことではありません。また、労働で貯めていけない額でもありませんし、妥当な金額と言えるのではないでしょうか。

証券会社によっては口座開設後2~3か月の間、取引手数料が無料になるキャンペーンをやっているところがありますので、最初はこれを活用しましょう。初心者におすすめの証券会社は別の記事にて。

 

それと、トップページにトレーダーの理想的な成長スケジュールが書いてありますので、そちらも参考にしてみてください。

 

長期投資

 

長期投資

次は長期投資について考えてみます。

長期投資の場合は、キャピタルゲイン(売買差益)を狙うのか、インカムゲイン(配当、優待等)を狙うのかによって変わってきます。

 

キャピタルゲイン(売買益)狙い

長期投資は一度買ってしまうと、何年ものあいだ利益確定も損切りもしないことになると思いますので、絶対に使う必要が出てこない余裕資金でやることが大事です。

トレードスタイルを比較する記事にも書きましたが、長期投資は実力を測りづらいので少額からスタートするということにあまり向きません。取引の仕方や株式市場の概要などを十分に把握するまでは少額で取引してもかまいませんが、実力がついたと確信するまで少額でやり続けるのはオススメできませんね。それこそ何十年もかかってしまうかもしれませんから。

 

正直な話、売買益狙いの長期投資は上手い下手に左右されづらいものだと思っています。ある程度の知識さえあれば、運用益の差がそれほどでないのではないでしょうか。なぜなら、ほとんどの銘柄が日本株全体の動きと連動しますからね。アベノミクス相場のような上昇相場がくれば業績の優劣に関係なくガンガン値上がりしていきます。もちろん経営が傾いているところは敬遠されがちになることもありますが。

個人的に長期投資での重要度は、買う時期8割、銘柄選択2割と捉えています。買う時期さえ間違えなければ、銘柄選択を多少間違えても利益が出ます。逆に買う時期を間違えると、良い銘柄を買っていたとしても利益が出ない可能性が高いです。

長期投資で利益を得たければ『不景気の時に買い、好景気の時に売る』、これに尽きます。つまり今の日本が不景気なのか好景気なのかをいかに判断するのかが、長期投資の肝になりますね。もちろん、銘柄選別も大事ですが。

 

以上のことから考えて、短期売買の時のような少額から始めるという括りにせず、各々の金融資産額に応じて始める時の資金を決めると良いと思います。最初は金融資産(キャッシュポジション)の1~2割くらいの金額分を購入するのが良いのではないでしょうか。これくらいにしておけば、購入価格から更に値下がりした時に買い増しすることもできますし、外貨や債券など他の金融商品に興味が出てきた時にも余裕を残しておけます。

 

インカムゲイン狙い

株を資産として考えたい場合はこちらですね。

売買益を狙っているわけではないので、一度にたくさん買うよりも、時期をわけて定期的に購入していくのが良いでしょう。定期積み立てをイメージしていただけると分かりやすいと思います。

別記事に購入の仕方について書いてあるので興味があれば参考にしてみて下さい。
長期投資はドルコスト平均法を使う

いくらから始めればいいのかというと、それは数字は各々の収入額、資産額によります。定期的に貯金しているお金があるなら、それの一部を株式に回すのも良いと思いますし、月の収入の○%を長期投資に回すというやり方をしても良いですね。

持っている現金(キャッシュポジション)が増えてくると、それをいかにインフレから守るかを考えていく機会が増えてくるような時期がくると思います。資産作りとしての長期投資は、そのような時期に開始するのが良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

-株式トレーダー向け記事