専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

専業トレーダーの賃貸契約

2017/04/13

今回は専業トレーダーのお部屋探しについてです。

専業トレーダーになったら、場合によっては無職扱いになります。そんな状況でマンションやアパートの賃貸契約は可能なのでしょうか。

このページでは無職でも部屋探しができるの?という疑問にお答えします。

 

専業トレーダーでも賃貸契約できる

さっそく見出しでネタバレしてますが、専業トレーダーでも賃貸契約が可能です。ただし、有職者とは少し審査条件が異なってくる部分があります。

参考までに、私は専業トレーダーになってから3回引っ越しをしていますが、一度も入居審査で落とされたことはありません。

 

入居審査で求められること

株やFXなどの専業トレーダーには定期的な安定収入がありません。したがって保証会社を通さなければならないケースがほとんどです。支払い能力の有無を確認するために、預金通帳の写しの提示を求められる場合もあります。確定申告をしている方なら、納税証明書を持っていけば大丈夫でしょう。

それでも難しそうな場合には、年間の家賃を一括で先払いすることを打診してみてはいかがでしょうか。家主さんによってはそれでOKが出ることもあります。一年間先払いにする際は、契約内容をよく確認しましょう。まともな契約ならば、契約期間の途中で賃貸借契約を解除する時には、日割りで家賃が戻ってくるようになっているはずです。

 

もし、所持金の大部分をトレード資金に充てていて、まとまったお金の証明ができない場合は審査に落とされるかもしれません。まだ専業トレーダーになっていない人は、なるべく職に就いているうちに賃貸契約を済ませておくことをオススメします。

 

 

正直に話すことが大事

転居理由や、現在の状況などは正直に話しましょう。

あなたも家主の立場だったら、身辺状況が不透明な人なんて住まわせたくないですよね。不動産屋さんには自分のことを正確に伝えて、味方になってもらいましょう。あちらも仕事なので、契約が取れそうな客には親身になってくれます。大家さんと電話交渉するのは不動産屋さんである場合がほとんどなので、信頼してもらえるように努力することが大切ですね。

それでも家主さんによっては、入居拒否という辛い現実を突きつけてくる場合もあるでしょう。その時は、潔く諦めて別の物件を探しましょう。よっぽどのことがない限り、入居審査で連戦連敗ということはないはずです。

 

賃貸物件を決める際のポイント

専業トレーダーが賃貸物件を決める際のポイントは、安定したインターネット回線でしょう。回線が安定していないと安心してトレードができません。ポジションをもったまま回線が不安定になったら心まで不安定になっちゃいますからね。あとはパソコンやモニターをたくさん使う人は、アンペア数にも気をつけておくといいかもしれません。

トレーダーならではのチェックポイントはそのくらいでしょうか。あとは、家賃が高すぎるところに住んでしまうと収入が少ないときにちょっと後悔してしまうかもしれません。会社員の人は給料の3分の1や4分の1が目安といわれていますが、専業トレーダーは平均収益の5分の1以下くらいに抑えておくのがいいのではないでしょうか。できるだけ収入は投資資金に回して複利効果を得たいですからね。

5分の1で計算すると、月収20万円なら家賃4万円。月収50万円なら家賃10万円。住んでいる地域によって考え方は変わると思いますが、妥当な範囲だと思います。

スポンサーリンク

-専業トレーダーの現実