専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

トレードルールの作り方

2017/04/13

個人投資家としてデビューしたばかりの頃は、トレードルール(売買ルール)作りを積極的にするべきです。なぜなら最初はわからないことだらけなので、どういうことをやると失敗するのかというのがイマイチわかっていないからです。ルールとして明記することで、頭に叩き込み体に覚えさせることができます。

 

トレードルールの作り方

まず、初心者の頃はトレードルールをどうやって作ったらいいのかわかりませんよね。基本的には、失敗からルールを作っていくことになります。

ナンピンをして大損してしまったら『ナンピンをしない』というルールを作ります。空売りをして大損してしまったら『空売りをしない』というルールを作ります。このように同じ失敗を繰り返さないようにルール作りをしていくのです。

トレードを始めたばかりの頃は失敗ばかりだと思うので、売買ルールがどんどん増えていきます。ルールをたくさん作っていくと、ルールによってガチガチに制限されてしまい、トレードもままならなくなってしまいます。そんな時はルールに条件をつけてみましょう。

ここでは、「空売りをしない」というルールに色々な条件をつけてみます。
・小型株を空売りしない
・上昇トレンドの銘柄を空売りしない
・逆日歩がついている銘柄を空売りしない

こんな感じです。条件付きルールなら、取引を制限される範囲が狭いので、トレードの自由度が損なわれづらくなります。このように基本的には自分の失敗からルール作りをしていくといいでしょう。

また、他人が使っている売買ルールを参考にしてみても良いです。そのまま使ってもしっくりこなそうなら、それを自分流にアレンジしたりして試行錯誤してみましょう。

 

 

ルールを作り過ぎないように注意しよう

売買ルールに縛られ過ぎると自由度が低くなってしまいます。何事にもあてはまることですが、あらゆる角度から柔軟な思考で物事を考えていくべきだと思っています。トレードの世界でも同じです。様々な観点から相場を観察していくことが大切です。

ガチガチの売買ルールが存在してしまうと、思考の妨げになってしまいます。ルール作りをすること自体は悪くないのですが、過度なルール作りは視野の狭さにつながるので気をつけましょう。疑問を感じるようになったルールは消してしまっても大丈夫です。自分の成長に合わせて改良していきましょう。

 

 

時にはルール違反も許される

トレードルールには但し書きがついていると思っておいた方が良いです。「今買えばほぼ100%儲かるのにルールが邪魔をして買えない」なんてことがあったら馬鹿らしいですよね?相場の世界に絶対はないので、ルール違反をしてもいいんです。とにかく、柔軟な思考が大切です。しかし全然守られないトレードルールというのも問題がありますので、「非常時には破っても良いよ」くらいの気持ちでいるといいと思います。

非常時でもないのにルールを破ってしまうという人は、ルール自体に疑問を感じているのかもしれません。ルールを破ってしまったら、本当にそのルールが適切なのかどうかを再確認しましょう。

 

トレーダーとして経験を積んでいくと、最終的にはトレードルールを持っているという感覚がなくなります。ほとんど体に染みついているので、ルールを守ろうとしなくても自然に守っているんです。初めのうちは大変だと思いますが、試行錯誤を繰り返しながら自分なりのトレードスタイルを確立しましょう。

 

 

スポンサーリンク

-株式トレーダー向け記事