専業トレーダーという選択

~投資で生活していきたい個人投資家向けサイト~

初心者は最後まで相場を見よう

2017/04/13

『休むも相場』の勘違いしていませんか?

有名な短期トレーダーのツイートやブログなどを見ると、「後場お休みします」「映画を見ながら相場もチラ見してます」「お散歩に出かけてきます」等々、『休むも相場』を体現されている様子がしばしば見受けられます。

 

休むも相場とは?

株式の格言で『休むも相場』という言葉があります。

常に相場に参加していても良い結果ばかりが出るとは限らないので、時には冷静になって相場を見つめ直すために取引をしないことも大切ですよ。というような意味の格言です。この格言はある意味では的を得ています。

 

トレードを始めたばかりの頃は、常にポジションを持っているほどガンガントレードを繰り返しているのがデイトレーダーとしてのあり方であると勘違いしがちです。しかしながら現実を見ると、そこまでガンガントレードをしている人はそう多くありません。チャンスが来るまでじっくりと待つことも大切なことです。やみくもにトレードをしても上手くいく確率はそう高くないですからね。そういう意味では、相場を冷静に判断するために一息入れながらトレードするのも悪くはないと思います。

また、メンタルが弱いトレーダーも相場との距離を適度に保つことが大切です。『負けが込んでくるとアツくなってロットを上げてしまう』、『普段とは違うギャンブルトレードをやってしまう』など、自分の精神状態でトレード内容が変わってしまう人は、頭に血がのぼってきたなと感じたらパソコンの電源を落としてしまうのも一つの手段ですね。無駄に損失を増やして泥沼化してしまうよりは、ザラバ放棄するほうがマシかもしれません。どんな状況になっても冷静でいられるようになれば一番良いのですが…。

もうひとつ、ポジポジ病で悩んでいる方も、相場自体を見ないことによって無駄にポジションを取ることがなくなるので、苦手な相場はあえて参加しないほうが良い結果になることもあります。得意な相場で稼いで苦手な相場を避けることができれば、それだけパフォーマンスも向上してくることでしょう。

 

以上のように休むべきところでは休んだ方が良い結果が出る場合も少なくないでしょう。しかしそれはある程度の実力がついてからの話です。

 

本当に休んでいていいのか

寝ている猫

時には相場との距離を取ることも大切ですが、休んでばかりいたら実力が向上しません。

著名なトレーダーの言葉に影響を受けて相場をサボらないように気をつけましょう。彼らはもう一生働かなくてもいいほどの資産を持っていたりするんじゃないでしょうか?莫大な資産を持っていれば、マイペースでトレードしたほうが良い結果が出るかもしれません。しかし、相場をサボっている彼らも、大きな資産を築くまでは毎日必死にトレードしていたのではないでしょうか。

どんな世界でも上級者のマネをすることが上達への近道であったりするものです。マネをすることでそのときには知らなかった知識や考え方、技術などを身につけることができる可能性が高いのです。ですから、上手いトレーダーのマネをすること自体が悪いことだとは思いません。

しかしながら『休むも相場』においては別です。周りの雰囲気に乗せられてマネをしないように気をつけて下さい。

ザラバの経験を蓄積させていくことはトレード技術等を向上させていく最大の手段です。日々の積み重ねによって後発組でも上級者に追いつき、追い越していくことが可能になってくるのだと思います。

個人投資家という性質上、手を抜くことはいくらでもできます。
せめて決められた取引時間中だけは、休まずにしっかりと頑張ってみましょう。…これは意思の弱い自分に向けてのメッセージでもあります(笑)

 

スポンサーリンク

-相場関連の記事